肩甲骨の可動(事例)

 

マラソンをされる方が 来院され、

『 八キロの距離を走って、三分くらいタイムが縮みました!

明日も大事な大会があるので また前回と同じ様にやってほしいです』

 

と仰いましたので

また肩甲骨周りから腕の可動域を上げさせていただきました。

 

箱根駅伝三連覇の青学の監督は、選手に腕立て伏せをさせないそうです。

 

肩甲骨周りに筋肉がつき過ぎると、腕を振る為の可動域が悪くなるからです。

 

マラソンやスポーツにとって、腕周り、肩甲骨周りの可動は大切ですね。

 

走られる方、宜しければお越し下さい(^_^)