お尻の痛み(原因)

 

 

yjimageGSK3ZUIL

 

 

 

上半身を支えているのは 骨盤と骨盤周りの筋肉

 

つまり、お尻です。

 

座りっぱなしや、立ちっぱなし

長時間の前かがみでの作業などで、上半身を支えているお尻の筋肉が 頑張ってますので、どんどんコッて固くなっていきます。

 

そしてお尻の筋肉がガチガチになると、もう支える事が困難になるため、今度は腰の筋肉だけで支えはじめます。

 

お尻と腰の筋肉がガチガチになると、その場所を通っている坐骨神経が圧迫されて、坐骨神経症になってしまいむす。

 

私が思うに、『良い姿勢をしてればいい!』というわけではありません、

 

だったら悪い姿勢をチョコマカも動かしてた方がよっぽど筋肉の運動になります。

 

悪い姿勢を長時間 が一番悪いですが(^^;

 

どちらにせよ、『長時間同じ姿勢』をしているという事がどこの筋肉にとっても良くないので

あ!今ここに長時間負担がかかってる!と気づいた時に

その筋肉を少しでも動かしたり、負担を軽くしてあげましょう。

 

 

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事