呼吸がしにくい、浅い症状について

 

呼吸を 分かりやすく言いますと

 

肺が膨らみます。

肺の周りにある 肋骨も一緒に膨らみます。

肋骨周りにある筋肉、皮膚も一緒に膨らみます。

 

 

ということは、肋骨周りにある 筋肉………つまり

『背中の筋肉』がこって固くなってしまうと

肺と肋骨の動き(膨らむのを)制限してしまいます。

 

すると、

なんか呼吸が浅い!

最近疲れが取れない!

などの症状が出てきます。

 

呼吸が浅ければ、酸素が全身に充分に行き渡ってません。

それは疲れも取れませんよね(^^;

 

かといって、背中だけゴリゴリほぐしてもイマイチです。

なぜなら、背中の筋肉は 骨盤や腕の骨などに繋がっているからです。

 

そちらも調整して、はじめて楽に呼吸ができるようになります。(長持ちします)

 

長持ちします。  と書いたのは、また日常生活に戻り 同じ姿勢をしていたら いつかはまた 同じ症状になってしまうからです。

 

それはどこの筋肉、どこの症状でも言えることです。

 

呼吸が浅い!!疲れが取れない!!と感じたら

プロの私にお任せ下さい(^^)

 

背中の痛みについて詳しくはこちら

背中の痛み

この記事に関する関連記事