気圧による腰痛

 

ここでは 『 気圧の変化からくる腰痛 』についてです。

 

 

ここでいう気圧とは、簡単に言いますと季節や天気の事です。

 

よく、

雨が降る前が一番痛くて、雨が降ってしまえば楽になる

という方々が多いです。

それは頭痛や腰痛、五十肩など、いろいろ当てはまります。

 

寝るときに横向きで寝てしまい、下になっている肩腕が痛くなった

など、それは下になっている肩腕に上半身の圧力がかかり続けたからです。

 

立ちっぱなし、座りっぱなしも上半身の圧力(重み。重力)で足腰が痛くなりますよね

 

梅雨時期や、雨が多い春なんかはギックリ腰が多発します

(^^;

 

気圧や季節などを敏感に感じてしまうくらい弱っている部分がありますと、痛みとして出てしまいます。

 

分かりやすく言いますと

山に登ったり、トンネルの中などで鼓膜がおかしくなるのと同じですね。

 

ストレスなんかもそうです。

 

その人の弱ってる部分に出てきます。

耳鳴り、頭痛、胃痛、心………

 

私にお任せ下されば

その弱ってる部分を見つけ出し、天候や季節に左右されないようにメンテナンスをさせていただきます!

(^^)

 

腰痛,ぎっくり,ヘルニアについて詳しくはこちら

腰痛,ぎっくり,ヘルニア

この記事に関する関連記事