過剰な運動による腰痛

 

ここでは 『 過剰な運動からくる腰痛 』についてです。

 

 

よく、『 運動不足は良くない 』といいますよね。

 

仕事や日常で 長時間同じ姿勢でいると、負担がかかっている筋肉は硬くなります。

 

その硬くなった筋肉をほっておくと益々硬くなり、痛みや可動しなくなります。

 

そしてその硬くなった筋肉は 使えてないので、別な筋肉が身体を支えるようになります。

 

すると、その別な筋肉も硬くなり………

 

と、どんどん身体中の筋肉が硬くなり、痛くなり、動けなくなってきます。

 

そうなる前に、硬い筋肉を動かして緩めてあげることが

運動したほうがいい理由です。

 

 

できればその日に硬くなった筋肉はその日の内に緩めるのがベストですので、湯船に浸かるとか、寝る前にストレッチをするなどで対策します。

 

しかし、自分だけでやるメンテナンスには限度があります。

 

ここからが今回の本題です。

 

運動や筋トレは 『 筋肉が付くが、コリもする 』

という事です。

 

つまり、過度な運動により………筋肉を使いすぎて疲れさせてしまう事により硬くなってしまいます。

 

プロ野球選手は試合を終えたら二時間マッサージすると聞きます。

 

ウォーキングでさえ、長時間やってると足や腰、背中などが硬くなります。

 

 

私の院にみえる子供達を例にあげますと、

 

勉強のし過ぎか、運動のし過ぎな子供達の来院が多いです。

 

勉強のし過ぎは 運動のしなさ過ぎです。

座りっぱなしで 肩腰に負担がかかります。

 

運動のし過ぎは先程お伝えした通りです。

 

本当はその中間な生活が一番良いです。

 

しかし

その道を極めたい!という事でしたら、必ずメンテナンスが必要です。

 

 

そして大人もそうですが

自分だけでやるメンテナンスには限度がある………

 

 

ですので 月に一度を目安にプロの私にお任せして頂ければと思います。

(^^)

 

 

腰痛,ぎっくり,ヘルニアについて詳しくはこちら

腰痛,ぎっくり,ヘルニア

この記事に関する関連記事