背中の側湾症の原因

 

簡単にいいますと

人を後ろから見たとき、背骨が左右どちらかに寄って歪んでいる症状を 側湾症といいます。

 

それにより背中などに痛みを感じる人と感じない人がいます。

 

想像してみて下さい。

人間、骨だけだとしたら、ものすごく可動します。

しかし骨の周りにはたくさんの筋肉がくっ付いていて

例えば右腰の筋肉に負荷がかかり、硬くなってしまったとします。(こってしまったとします)

そしたらその筋肉が腰の骨を右側に引っ張ってしまいます。

生まれつき骨が歪んでないのであれば、それが歪みの原因です。

 

極端に言ってしまえば、全身の筋肉を赤ちゃんみたいに

ゆるゆるにしてしまえば、骨はどこも歪みません。

 

つまり、背中を引っ張ってしまっている筋肉を探して緩めてしまえばいいのです。

 

今回は背中の側湾症のお話しですから、だいたい肩甲骨辺りの背骨の事です。

 

大抵は 前側の筋肉が硬くなって、背中の側湾症が起こります。

胸の筋肉、肋骨に繋がる筋肉などです。

 

とりあえず胸の筋肉をストレッチしてみて下さい。

 

しかしやはり側湾症までいくと、第三者の手を借りねばなかなか厳しいと思いますので、

 

そこの見極めはプロの私にお任せ下さい(^^)

 

反り腰、側弯症について詳しくはこちら

反り腰、側弯症

この記事に関する関連記事